アルバイト考えた
*
ホーム > メンタルケア > パニック障害の加療

パニック障害の加療

ただいま、2人の幼児を抱えながら、パニック障害の加療を受けてます。今までに何年も前からセラピーを受けているけど、今日このごろは、薬剤やカウンセリングのおかげで、パニックを生じることも少なくなってきたんです。

きっかけは、緊迫状態がたまり、苦しみを論じる相手もいなかったので、いつまでも1人で抱え込んでたんです。そしたら、いつからか、何らか考え込むと体が身震いしたり、過呼吸になったりするようになっていました。初めは、其れほど酷くなかったので安心だろうと想い、病院には行ってなかったのですが、いつのまに、病態が苦痛なほどなってしまったみたいなんです…

気付いた時には、もう悪寒や過呼吸だけでなく、ときどき記憶がなくなったり、記憶がないときに、いきなり叫んだり暴れたりするようになっていたそうでした。両親が、これではダメだと思いパニック障害改善プログラムを試してみたんです。おかげで、今では、薬を飲みながらですが、アルバイトを出来るくらいまで取戻してきてます。あのまま、病院にも行かないでいたら、今、どんな風になっていたかと思うと、考えるのも凄まじいなと思います…