アルバイト考えた
*
ホーム > 太陽光 > 太陽光発電のランニングコストと耐久

太陽光発電のランニングコストと耐久

太陽光発電は初期費用が圧倒的に高くつき、ランニングコストはあまり必要でないように感じます。しかし、資源エネルギー庁の資料などによると家庭用の太陽光発電についても年間平均でキロワットごとに3000円から4000円程度のランニングコストが必要と言うことのようです。4キロワットくらいの太陽光発電の設備ですと年間に一万数千円の維持費が必要と言うことでもあります。これと高いと見るか安いと見るかはそれぞれに意見が分かれるところでしょうが、個人的にはやはり安いと思います。それに太陽光パネルの耐久は10年から20年の保証が付いているメーカーも多いことですから、20年以上は十分に使えることはほぼ間違いないことでしょう。つまり初期費用を取り戻した後は太陽光発電の設備はかなり大きなプラスに作用することが多いと考えられます。新築一戸建てを検討している人にとっては太陽光発電の設備は条件が良ければつけることを前提にした方がいいでしょう。

グリムスソーラーの口コミ・評判は実際どうなの?